ぱーぷるーる

理系の端くれが趣味やらレビューやら.

【嵐】ついにSNS解禁。全シングル配信で名曲を振り返ろう!

全シングル配信でノスタルジーに浸りたい。

 

ついに国民的スターである嵐がSNSを解禁し、全シングルが本日(2019/11/03)19:00に配信スタートしました。

 

その他にも、インスタライブコンサート発表など、ファンの方々にとっては喜ばしいことばかりな上にむしろ情報過多ぎみになっているのではないでしょうか

筆者はジャニオタでもなんでもない、ただの学生(男)なのですが、嵐に無関心というと、そういうわけでもないのです。むしろ魅力さえ感じる部分も少なくありません。

 

20代前半の学生の皆様。昔のシングルを聴き漁ってみてほしい。

 

じゃあ嵐のどこに関心があるのか。なにを魅力に感じているのかというと、楽曲です。

嵐の楽曲はドラマタイアップが多く、そのドラマの多くが私を含む20代前半がガキの頃見ていた作品なのです。

毎週毎週、同じ主題歌を聴いていたため、今聴きなおせばその時の記憶が蘇ります。

 

本記事では、その多くの主題歌の中でも特に印象深いものを取り上げていこうと思います。

 

Love so sweet (作詞:SPIN / 作曲:youth case / 編曲:Mugen)

 

Love so sweet花より男子2(リターンズ)』の主題歌です。

ファンの方々からすれば『WISH』が先じゃないんか!?ってなるところですが、恥ずかしながら、リターンズから見始めちゃったんですよね・・・。

 

Love so sweetが印象深い理由は、次に書く予定の記事で音楽的な観点から説明させていただきます

 

Happiness (作詞:Wonderland、作曲:岡田実音、編曲:北川吟)

 

Happiness山田太郎ものがたりの主題歌です。ただ、筆者はこのドラマを視聴しておりません(笑)

 

いやじゃあなんで知っとるねん!?となるのですが、たしか小学生のころの運動会でダンスか何かの種目でBGMにHappinessが使われていたんだと思います。幼いころの記憶って結構残っているんですよね。すごい。

 

Monster (作詞:UNITe・Sean-D、作曲:CHI-MEY、編曲:Taku YoshiokaHirofumi Sasaki)

 

Monster怪物くんの主題歌です。ただこの作品も見てないんですわ。

でも音楽番組でしょっちゅう流れていたので嫌でも記憶に刷り込まれているようです。

 

個人的には、大野くんのソロパートと編曲、構成が特に印象的です。この曲もいつか解説できたらいいなあ・・・。

 

果てない空 (作詞・作曲:QQ、編曲:ha-j)

 

果てない空フリーター、家を買う。の主題歌です。曲もそうですが、このドラマ自体がめちゃくちゃ好きでした。うつ病の母、頑固おやじ、フリーター、姉もいたっけ??内容は何となく覚えている程度ではありますが、二宮くんの演技が素晴らしくて幼いながら感動した記憶があります。

 

もちろん曲単体で見ても本当にいい曲です。なんとも切なくなるような曲調。なぜ切なくなるか、という解説ものちのブログでやりたいですね。曲にある感情を抱くのは、理論的根拠があったりなかったり。

 

明日の記憶 (作詞・作曲:平義隆、編曲:石塚知生佐々木博史)

 

最後はこの曲、明日の記憶ザ・クイズショウの主題歌です。

内容はぼんやりとしか覚えていませんが、少し切なくなるような物語だったような気がします。次回が気になってしょうがなくなるような演出がうまかったなあ。

優しい曲調の中に、どこか切なくなるような箇所が多く積み込まれている名曲ですね。

 

嵐の曲はアップテンポな曲が代表曲になるような気がしますが、果てない空同様、バラード調の曲が最高なのです。

 

まとめ

 

筆者が知っている曲の中でも特に印象深いものだけ取り上げましたが、ほかにも嵐を代表する曲は多くあります。ファンでない筆者でも名曲と言えるからには、それなりのバックグラウンドがあるんじゃないかなと。

 

そのバックグラウンドである音楽的な視点で楽曲を解説した記事を、次回投稿したいと思います。

 

それでは!